サクランボ
Prunus avium
バラ科 サクラ属

サクランボは、正しくはセイヨウミザクラ(西洋実桜)といい、西アジア原産の落葉樹で、高さが10〜15メートル
になり、日本には明治初期に移入されたという。
一般に知られている桜桃(オウトウ)、桜坊(サクランボ)という
名は通称だそうだ。
サクランボは、花よりも初夏の果物としての方が知られているが、1品種だけでは何本植えても結実しないため
(自家不親和性)、別の品種も一緒に植える必要がある。庭で果実を楽しむには、条件が厳しいかも知れない。

花は直径2〜3.5センチの白色で、3〜7個が集まってつく。花弁は5個。萼も5個で、外側に反り返る。果実
は直径1.5〜2.5センチの球形で、淡黄赤色に熟す。葉は互生し、卵状披針形で、先がとがり、縁に不ぞろい
の鋸歯がある。裏面には軟毛がある。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
わが家のサクランボは、ソメイヨシノと同様、大きくなりすぎて枝が隣の家屋の外壁に接するほどに生長した。
そのため、ソメイヨシノと同時に伐採することを決断し、2017年5月16日に実施した。
オウトウナメクジハバチなどの害虫被害が多かったが、その分、昆虫の観察に適した樹木だった。悩んだ末の
決断だった。

わが家の庭は、果樹を植えるには狭すぎるのだが、前の持ち主の方がよほど好きだったのだろう、サクランボの
樹も植えられている。ただ、どういうわけか1本しかなく、花はたくさんつけるのだが果実は2〜3個しかつけない。

2007年初春、主幹の高さが4メートルを越えたため、約3メートルのところで主幹を切った。さらに主枝の
1本を摘心、側枝を付け根から2本剪定した。

花期 5月中旬〜5月下旬

 
丁度、満開の時期だったが、ソメイヨシノの伐採・伐根の日程に合わせ、伐採した。
捨ててしまうのは勿体無いと、棟梁が花付きのいいところを切ってくれた。
ほたるは、「可哀そうで気が引ける」と言いながらも、玄関ポーチに飾った。
花瓶は、広島県廿日市市在住時代に、骨董店で購入した醤油壺である。

2017.5.16
萼は外側に反り返る

2007.5.17
今年は果たして何個結実するか?

答え:3個

2006.5.19


今年はサクランボが7個実った。ほたると食べた
が、美味しかった。2週間後に1個実ったので
今年は合計8個になった。

2007.6.30

わが家での管理方法

増やし方 ソメイヨシノと同様、太い枝を切るとそこから腐るので強剪定はしない。木が大きくなるので、狭い庭
には植えない方が無難のようだ。
肥料 花後に有機化成肥料を与えている程度。
病害虫 例年、7月〜9月にオウトウナメクジハバチの幼虫が多数発生する。 必要に応じ、スミチオン乳剤
ないしはオルトラン水和剤を1000倍に希薄し散布。

他に幼虫ではイラガエダシャク類テングイラガムラサキイラガモモスズメリンゴケンモン
リンゴツマキリアツバサクラケンモンハマキガ(アトボシハマキ)。 成虫ではシロオビアワフキ
チャコウラナメクジが見られるが、発生数が少ないため放置している。
越冬 耐寒性があるので気を使わなくてすむ。

最終更新日:2017.5.27