リンゴケンモン
Triaena intermedia
チョウ(鱗翅)目 ヤガ科 ケンモンヤガ亜科

リンゴケンモンは「林檎剣紋」と書き、蛾の一種で、成虫の前翅に剣状の斑紋があり、幼虫がリンゴの
葉を食べることに由来するという。

幼虫は7〜10月に現れ、体長は45ミリほどになる。頭部は黒色、胸部と腹部も黒色で、側肩に黒い
いぼ状の突起があり、それぞれの突起に白い点がある。胸部と腹部の背面は、橙色のいぼ状突起
が連なるが、第1腹節と第8腹節のいぼ状突起は黒い。側腹は橙色。体全体に白色〜黒色の長い
刺毛があり、成長するに従い先端が縮れる。秋に現れる幼虫は、木屑をつづってまゆを作り、その中
でさなぎになり、越冬するという。幼虫はバラ科(サクラ、リンゴ、ナシなど)、ヤナギ科、ニレ科の樹木
の葉を食べる。
本種に似るモンシロドクガは、第2腹節のいぼ状突起も黒く、刺毛の先端は縮れないという。

成虫は5〜6月、8〜10月(北海道は6〜8月)に現れ、翅を開いたときの大きさは45〜50ミリ。前翅は
灰白色、黒っぽい剣状の斑紋がある。

わが家では、例年、7〜8月に幼虫が現れ、サクラ、サクランボ、ジューンベリーの葉を食べられる。
発生数が少ないため、薬剤は使用せず、必要に応じ捕殺している。

中齢幼虫だろうか、体長は30ミリほど。ジューンベリーの葉に
いたが、レンズを近づけると葉柄を伝って枝の方に逃げ出した。

2008.8.23
家屋の外壁をうろついていた。ジューンベリー
とは1メートルほどの距離。体長は25ミリほど。

2008.8.24
この幼虫にいったい何が起きた?
死骸の傍らに14個の卵が・・・。

2008.8.30

体長は12ミリほどと小さく、若齢幼虫と思われる。サクラの葉を食べていた。

2007.7.14