オオバナノエンレイソウ (大花延齢草)
Trillium camschatcense
ユリ科 エンレイソウ属

低地〜亜高山帯の湿地や林内などに生え、茎の高さは30〜70センチ。茎頂に直径5〜7センチの
白色の花を1個つける。外側に緑色の萼(外花被片)、内側に白い花弁(内花被片)がそれぞれ3個
ある。葉は茎頂に3個輪生し、菱形状広卵形で、先がとがる。
シロバナエンレイソウ(ミヤマエンレイソウ)に似るが、本種の方が大きく、上〜斜め上向きに咲く。
内花被片は外花被片よりも長く、大きく飛び出している。内花被片は広卵型で先端はあまりとがらない。
雄しべは雌しべよりも長い。葯の長さは花糸の約3倍。

花期:5〜6月  分布:北海道、本州(北部)

出典:
佐竹義輔 大井次三郎 北村四郎 亘理俊次 冨成忠雄 編『日本の野生植物 草本 T 単子葉類』
平凡社 1999年2月22日 新装版第1刷
改訂版監修 門田裕一 『山溪ハンディ図鑑2 増補改訂新版 山に咲く花』 山と溪谷社 2013年3月30日
梅沢俊 『新北海道の花』 北海道大学出版会 2007年3月25日
梅沢俊 『改訂版 北海道 春の花 絵とき検索表U』エコ・ネットワーク 2007年3月20日改訂版
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

オオバナノエンレイソウは、ポロト自然休養林一帯で見られるが、今回は中央コースで観察した。
花は横向きに咲いていたが、内花被片は外花被片よりもはるかに長く、雄しべは雌しべよりも長く
葯は花糸の約3倍の長さなので、本種としてよいだろう。2011.5.28

白老町のポロト自然休養林では、オオバナノエンレイソウ、 シロバナエンレイソウ、そして白老町で
最初に確認されたというシラオイエンレイソウが咲く。本種とシラオイエンレイソウはとてもよく似ていて
見分けるのに時間がかかるため、最近はレンズを向ける機会が少なくなった。(笑)2009.5.24

白老町 ポロト自然休養林
2011.5.28
Canon EOS20D+SIGMA AF50mm F2.8 MACRO

野幌森林公園では、内花被片は広卵形と披針形の二つのタイプが見られた。

まれに、一つの花柄に、3ないし4個の花が合着した個体も見られる。2017.4.30(撮影日:2003.5.12)

江別市 野幌森林公園 
内花被片が披針形のタイプ
2006.5.20
Canon EOS20D+EF100mm F2.8マクロ
内花被片がやや広卵形のタイプ
2006.5.13
Canon EOS20D+EF100mm F2.8マクロ
ごくまれに、一つの花柄に、3ないし4個の花が合着した個体も見られる。

一つの花柄に、少なくとも、内花被片が10個、子房が3個、雄しべが19個前後見える。
外花被片は少なくとも7個見える。

2003.5.12 Nikon COOLPIX995 

恵庭公園は、本種の個体数が多い。このため、西側を除き、圧倒されるほどの規模で群生している
のを見ることができるだろう。その群生の中には類似種のシラオイエンレイソウも交じっている。
中間種と思われる個体も多いが、見分けながら歩くのも楽しい。2013.5.19

恵庭公園では、5月上旬から中旬にかけて、本種やエンレイソウの小群落があちらこちらで見られ
シロバナエンレウソウも公園一帯で見られる。僅かだが、ヒダカエンレイソウシラオイエンレイソウ
も見られ、これらの仲間の観察には持って来いの場所である。2012.5.12

北海道では5月初旬頃から、本種とエンレイソウ、 シロバナエンレイソウが競い合うように咲き
始める。湿潤であれば場所をあまり選ばないようだ。オオバナノエンレイソウは、各地の自然公園
神社の境内など、身近な場所に群生していることが多い。エンレイソウの仲間では丈が一番大きく
花が上向きに咲くため圧倒的な存在感がある。ほたるは、「白い蝶がたくさん舞っているようで
きれい!」と感激したぐらいだ。
本種とシロバナエンレイソウは、見分けるポイントを知らないと同じ花に見える。シロバナエンレイソウ
を最初に掲示したとき、白いエンレイソウはどれもシロバナエンレイソウと思い込み、本種の写真を
入れる失敗を犯してしまった。(笑)
2003.5.10

まれに、一つの花柄に、2つの花が合着した個体も見られる。2017.4.30(撮影日:2003.5.7)

恵庭市 恵庭公園
2012.5.12
Canon EOS 5DMK2
+SIGMA AF50mm F2.8 MACRO
2013.5.11

Canon EOS 5DMK2
+Canon EF100mm F2.8L
マクロ IS USM
雄しべは雌しべよりも長く、葯の長さは花糸の約3倍。

2013.5.19
Nikon COOLPIX P7700 撮影者:ほたる
恵庭市郊外 
2003.5.10 Nikon COOLPIX995
一つの花柄に、2つの花が合着した個体
一つの花柄に、内花被片が6個、子房が1個、雄しべが6個ある。
外側の内花被片の3個のうち2個には、緑色の筋がある。

2003.5.7 Nikon COOLPIX995

オオバナノエンレイソウは、函館山登山道沿いで見られた。登山道の入口を示す案内板の前から
コジマエンレイソウ
の群生が広がり、度肝を抜かれた。コジマエンレイソウはエンレイソウと本種との
雑種で、両種が混生する場所で見られるが、本種の個体数はコジマエンレイソウに比べると少なく
控えめに咲いていた。2007.5.6

函館市 函館山
2007.5.6 Canon Power Shot G7

最終更新日:2017年4月30日