ヒダカエンレイソウ (日高延齢草)
Trillium miyabeanum
クロミノヒダカエンレイソウ

Trillium × miyabeanum var. atropurpureocarpum

ユリ科 エンレイソウ属

低地〜山地の湿り気のある林内などに生え、茎の高さは20〜40センチ。茎頂に、直径3〜4センチの
紅紫色の花を1個つける。外側に緑色に淡紅紫色を帯びたがく(外花被片)が3個、内側に紅紫色の
花弁(内花被片)が0〜3個ある。葉は菱形状円形で、茎頂に3個輪生する。果実は液果で卵形。
稜があり、緑色〜紫色と変化が多い。

本種は、エンレイソウシロバナエンレイソウとの自然交配種で、両種が混生する落葉樹林内などで
まれに見られる。内花被片は大きさが不ぞろいのものや、0〜3個と欠落する場合がある。
花弁が白色の品種をシロバナヒダカエンレイソウ(Trillium × miyabeanum forma albiflorum)
果実が黒紫色になる変種をクロミノヒダカエンレイソウという。

ヒダカエンレイソウは、北海道から希少種(R)として指定されている。

梅沢俊 著 「改訂版 北海道 春の花 絵とき検索表U」によれば、次のような形質があるという。

がく片の先は次第に細く鋭くなる
子房は角張った卵形
雄しべは雌しべと同長か短い

また、北海道レッドデータブックによれば
北海道の石狩に分布するエンレイソウとシロバナノエンレイソウの自然交配種。
シロバナノエンレイソウとエンレイソウの混生する落葉樹林内などで希に見られる多年草で群生はしない。
大きな葉を3個広げ、4月下旬〜5月上旬、その真ん中に暗紫色〜赤緑色の花を一つ咲かせる。
花びらは数に変化が多く、多くても3個、中には全くないものもある。
とある。

花期:4〜5月  分布:北海道、本州(中部地方)

出典:
梅沢俊 『新北海道の花』 北海道大学出版会 2007年3月25日
梅沢俊 『改訂版 北海道 春の花 絵とき検索表U』エコ・ネットワーク 2007年3月20日改訂版
佐竹義輔 大井次三郎 北村四郎 亘理俊次 冨成忠雄 編『日本の野生植物 草本 T 単子葉類』平凡社
1999年2月22日 新装版第1刷
芳賀サ 『エンレイソウ属植物のゲノムと倍數性』 2017年4月22日参照
芳賀サ 倉林正尚 『エンレイソウ属植物のゲノムと倍數性 W. :退色反応によるゲノム分析
2017年4月22日参照
北海道レッドデータブック 2017年4月20日参照
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

筆者は2005年以降、野幌森林公園で本種を確認できていない。というのも、2004年9月8日の
台風18号の影響で、倒木の下敷きになり、倒木撤去後は機械力により整地されたため。現在は
ササに占領され、見る影もないことによる。2010.5.3

ヒダカエンレイソウは、野幌森林公園で確認できた。昨年と同じ場所に今年も咲いてくれた。昨年は
コジマエンレイソウだと断言する観察者がおられ、自信がなく、掲載を見送った。今年は、図鑑片手に
しっかりと観察した。周囲にエンレイソウとシロバナエンレイソウがあり、その交雑種と考えてよい。
本種は見分けが難しいが、梅沢俊 著 「北海道 春の花 絵とき検索表U」や
村野紀雄著「自然
ガイト 野幌森林公園」の「野幌の生物チェックリスト」の記録掲載などから同定した。
2003.5.12/2004.5.7

ヒダカエンレイソウ
江別市 野幌森林公園
柱頭全体に紅紫の斑紋があり、ヒダカエンレイソウとクロミノヒダカエンレイソウの
中間種のように見える。
内花被片は、3個とも完全なもの、切れ込みがあるもの、不ぞろいなもの
欠落しているものなど、変異が大きい。

2004.5.7 Nikon COOLPIX995
CASIO EXZ3 撮影者:ほたる Nikon COOLPIX995
ヒダカエンレイソウに初めて出合った。子房は全体が紅紫色で、クリーム色の下地が
わずかだが確認できる。ヒダカエンレイソウとクロミノヒダカエンレイソウの中間種の
ように見える。

2003.5.12 Nikon COOLPIX995

恵庭公園は、アオミノエンレイソウ、クロミノエンレイソウ、シロバナエンレイソウが多く分布している。
運が良ければ、本種に出合えるかも知れない。ゆっくりとしたペースで遊歩道を歩くとよいだろう。
筆者はまだ確認していないが、オオバナノエンレイソウの分布も多いことから、コジマエンレイソウに
出会えるかもしれない。2012.5.12

最初にヒダカエンレイソウを見つけたのはほたるである。「ここに珍しい花があるよ」という呼びかけに
半信半疑で行ってみると、エンレイソウが突然変異を起こしたような状態で咲いていて驚いた。
もちろん名前は分からない。後で調べられるようにと、二人で証拠写真を撮ったのはいうまでもない。(笑)

梅沢俊 著 「北海道 春の花 絵とき検索表U」を参考に調べてみるとヒダカエンレイソウらしい。
しかし、特徴などはメモしておらず出来の悪い写真からは特定できない。(笑)絵とき検索表Uからは
コジマエンレイソウもしくはトカチエンレイソウとも考えられる。こうなるともう一度会いに行くしかなかった。

ヒダカエンレイソウとしたのは
@がく片の先が次第に細く鋭くなる
A子房は角張った卵型
B雄しべが雌しべと同長か短い
という特徴、およびエンレイソウとシロバナエンレイソウが周囲にあったこと。この種は何度か見かけた
が、上記条件に当てはまるのにコジマエンレイソウだと教えてくれた人もいた。見分けが難しい花として
知られるため、花めぐり1年生はいまだに自信が持てない。(笑)
2003.5.11

ヒダカエンレイソウ
恵庭市 恵庭公園
花弁の形が整っており、雌しべの子房、柱頭全体に紅紫の斑紋がある。
ヒダカエンレイソウとクロミノヒダカエンレイソウの中間種のように見える。

2003.5.11 Nikon COOLPIX995
4本の株立ち  紅紫色の花弁(内花被片)が3個ある。
がく片の先は、次第に細く、鋭くなる。
雄しべは雌しべより短い。
子房はクリーム色だが、柱頭は紅紫色が
目立つ。
紅紫色の花弁(内花被片)が3個あるが
幅は雄しべの2倍ほどしかなく、極端に狭い。
紅紫色の花弁(内花被片)が
1個欠落している。
2003.5.10 Nikon COOLPIX995

ヒダカエンレイソウ、クロミノヒダカエンレイソウの開花時期に合わせ、野幌森林公園を歩いた。エンレイソウ属の
中でも本種は個体数が極端に少ない。諦めかけた頃、運よく、目の前に姿を見せてくれた。
最初の週は、花弁(内花被片)がなく、柱頭が4裂するタイプのクロミノヒダカエンレイソウが待っていてくれた。
翌週、念のため逆回りで歩いたところ、花弁(内花被片)が3個ともほぼ揃ったタイプと、花弁(内花被片)が2個
しかなく、柱頭が4裂するタイプのクロミノヒダカエンレイソウに出合うことができた。2017.5.6/2017.5.13

恵庭公園のクロミノヒダカエンレイソウを久し振りに観察した。7株の株立ちで、1株あたり3〜5本の茎を
立ち上げていた。ただ、花弁(内花被片)が3個とも完全に揃う個体がないことは、今まで通りだった。2017.5.5

恵庭公園では、子房が黒紫色の変種クロミノヒダカエンレイソウも見られる。周囲には子房が黒紫色の
エンレイソウシロバナエンレイソウがあった。なお、本種の周辺にはオオバナノエンレイソウはなかった。
2012.5.12
野幌森林公園では、ヒダカエンレイソウ(クロミノヒダカエンレイソウとの中間種かもしれない)を確認していたが
今回、クロミノヒダカエンレイソウも確認できた。2004.5.12

クロミノヒダカエンレイソウ 
江別市 野幌森林公園
花弁(内花被片)は3個あったが、花の盛りを過ぎていた。1週間前に、逆方向からここを
通過していたが、見逃していた。

2017.5.13 Canon PowerShot G3X
花弁(内花被片)が2個で、柱頭が4裂するタイプが見られた。雄しべは4個しかなかった。

2017.5.13 Nikon COOLPIX P77
花弁(内花被片)がなく、柱頭が4裂するタイプが見られた。
株は一本立ち。茎の高さはセンチ30センチ前後とやや大型なので目に入った。
葉は縮れ、外花被片の色が緑色で、縁は紅紫色を帯びている。
雌しべの柱頭は4裂(ふつうは3裂)し、その周りにある雄しべは右上と右下のものは
2個あって、重なっている(右下のものは離れて雌しべ側に倒れている)。
突然変異と思われる。

観察が不十分だったため、翌日、現場に行ったところ、根元から無くなくなっていた。
誰が、何のために?残念!

2017.5.6 Canon PowerShot G3X
2本の株立ちだった。花弁(内花被片)は3個あり、子房全体が黒紫色を帯びる。

2004.5.12 Nikon COOLPIX995
恵庭市 恵庭公園
2017.5.5 Canon PowerShot G3X 2017.5.5 Nikon COOLPIX P77
今回は、合計28本の花茎を立てていたが、今まで同様、ほとんどの花茎には花弁(内花被片)が
なかった。3個とも完全に揃う個体はなく、↑のように不完全なものが3本、2個のものが3本
1個のものが1本、残りは花弁(内花被片)がなかった。
20株ほどが寄り添うように大株を
作っていた。
花弁(内花被片)の付き方は、変異が
大きく、それぞれ別の花のように見える。

2012.5.12 Canon EOS5DMK2
+SIGMA AF50mm F2.8 MACRO
←の画像の一番下の花を拡大した。

子房は黒紫色。花弁は3個あるが
その内の2個は小さく、雄しべの後ろで
控えめに開いている。

2012.5.12 Nikon COOLPIX P71
1本立ちの個体で、子房が黒紫色。花弁(内花被片)は3個。
雄しべは雌しべより短い。がく片の先は、次第に細く鋭くなる。

2012.5.12 Nikon COOLPIX P71
  

最終更新日:2017年5月27日