エンレイソウ (延齢草)
Trillium smallii (=Trillium apetalon)
別名:タチアオイ、ヤマソバ、アメフリボタン

アオミノエンレイソウ Trillium smallii var. apetalon
(=Trillium apetalon
var. apetalon)
クロミノエンレイソウ Trillium smallii var. atropurpureocarpum
(=Trillium apetalon
var. atropurpureocarpum)
アカミノエンレイソウ Trillium smallii var. rubrocarpum
(=Trillium apetalon
var. rubrocarpum)

ユリ科 エンレイソウ属

平地〜亜高山帯の湿り気のある林内などに生える。茎は直立し、高さは20〜40センチ。茎頂に長さ
1〜2センチの花を1個つける。花弁のように見えるのは外花被片(萼)で、3個あり、卵状長楕円形で
緑色または褐紫色。内花被片(花弁)はふつうないが、まれにあるものもある。
雄しべは6個で、葯は花糸よりやや短い。柱頭は3裂し、子房は6稜のある球形で、緑色〜黒紫色。
葉は茎頂に3個輪生し、菱形状円形で、先が急に短くなり、とがる。

花期:4〜6月  分布:北海道、本州、四国、九州

出典
佐竹義輔 大井次三郎 北村四郎 亘理俊次 冨成忠雄 編『日本の野生植物 草本 T 単子葉類』
平凡社 1999年2月22日 新装版第1刷
梅沢俊 『新北海道の花』 北海道大学出版会 2007年3月25日
梅沢俊 『改訂版 北海道 春の花 絵とき検索表U』エコ・ネットワーク 2007年3月20日改訂版
改訂版監修 門田裕一 『山溪ハンディ図鑑2 増補改訂新版 山に咲く花』 山と溪谷社 2013年3月30日
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

エンレイソウは、全国に分布し、特に珍しい花ではないが、北海道では生えている密度が違うと思う。
自然公園、神社の境内、防風林など、湿り気のある場所なら足の踏み場もないほど花をつける。咲き
始めは下向きだが、徐々に横向きになる。群落を眺めていると、SF映画の戦士が隊列を組んで
襲いかかってくるようで怖くなるから不思議だ。(笑)

この花は、種を落としてから花をつけるまでに15年前後もかかるという。そういうことを知ると花を見る
思いも変わってくる。2006.5.13


エンレイソウの形質は、次のようである。

@花は外花被片(萼片)のみで花弁はない
A雄しべは雌しべより長いか同じ
B雄しべの葯(花粉がつくところ)は、花糸(葯を支えているところ)とほぼ同じ長さ

なお、花の真中にある子房の色は変化が多く、緑色、黒紫色、赤色に大別される。緑色をアオミノエン
レイソウ、黒紫色をクロミノエンレイソウという。赤色をアカミノエンレイソウと区別する場合もあるようだが
まだ見ていない。

江別市 野幌森林公園
花弁に見えるのは外花被片
2006.5.3 Canon EOS20D+EF100mm F2.8マクロ
アオミノエンレイソウ クロミノエンレイソウ 
子房の色は緑色 子房の色は黒紫色
2006.5.13 Canon EOS20D+EF100mm F2.8マクロ

エンレイソウは、白老町のポロト自然休養林一帯で見られた。仲間のシロバナエンレイソウ
オオバナノエンレイソウ、そして白老町で発見されたことに由来するシラオイエンレイソウ
見られる。

白老町 ポロト自然休養林
子房の色が緑色のタイプ

2009.5.16
子房の色が黒紫色のタイプ

2009.5.4
Canon Power Shot G7 撮影者:ほたる

恵庭公園はエンレイソウの個体数が多く、子房が緑色と黒紫色のタイプが並んで咲いている
のをよく目にする。2012.5.2

子房が緑色と黒紫色のタイプは
恵庭市でも見られた。2003.5.10/2017.5.5

恵庭市 恵庭公園
前が緑色タイプ、後ろが黒紫色タイプ

2012.5.2
Canon EOS 5D MarkU+SIGMA AF50mm F2.8 MACRO
子房の色が緑色のタイプ

2017.5.5
子房の色が黒紫色のタイプ

2017.5.5
Nikon COOLPIX P77

エンレイソウは、夕張岳の冷水ノ沢から前岳湿原入口間で、子房の色が黒紫色のタイプが見られた。
緑色のタイプは、筆者の目にとまらなかった。2009.6.29

夕張岳
(冷水ノ沢〜前岳湿原入口)
2009.6.29
Canon EOS20D
+SIGMA AF50mm F2.8 MACRO

例年通り、2株が並んで花をつけた。2013.5.11,2017.5.5
黒く熟した果実も確認した。2013.7.6

エンレイソウの変種なのか、それとも変異の範囲なのだろうか。2003年5月から毎年確認して
いる。2012.5

エンレイソウの仲間にトイシノエンレイソウ(Trillium apetalon forma album)がある。今までは外花
被片が淡い緑色なので、下記がそれだと思い込んで掲示していた。しかし、梅沢俊 著「北海道
春の花 絵とき検索表U」を片手によく観察してみると、雄しべが雌しべより短く該当しない。
しかも、この特徴と一致する種は、参考資料に掲示してあるどの図鑑にも見当たらない。
これは変種なのだろうか。2003.5.5

エンレイソウの変種?それとも奇形?
恵庭市 恵庭公園
奥を@、手前をAとする
2013.5.11
@を拡大 @をやや向きを変えて拡大
Aを拡大 Aをやや向きを変えて拡大
 
@が黒い果実となり、半分ほど裂け、種子が覗いている
2013.7.6
2005.5.22 Nikon COOLPIX995
外花被片、子房は淡緑色。
雄しべは雌しべより短い。

2003.5.5
同じ花を少し下から見ると
雌しべの柱頭が2裂(通常
3裂)。しかも、雄しべは
8個あるように見える。

2003.5.4
Nikon COOLPIX995

最終更新日:2017年5月27日