シロバナエンレイソウ (白花延齢草)
Trillium tschonoskii
別名:ミヤマエンレイソウ

エゾミヤマエンレイソウ (蝦夷深山延齢草)
Trillium tschonoskii var. atrorubens

ムラサキエンレイソウ (紫延齢草)
Trillium tschonoskii
f.
violaceum

ユリ科 エンレイソウ属

シロバナエンレイソウ(ミヤマエンレイソウ)は、低地〜亜高山帯の湿り気のある林内などに生え、茎の
高さは20〜40センチ。
茎頂に直径3〜5センチの白色の花を1個つける。外側に緑色のがく(外花被片)、内側に白い花弁
(内花被片)がそれぞれ3個ある。葯は花糸と同長。
葉は茎頂に3個輪生し、菱形状広卵形で、先がとがる。内花被片が淡紫色を帯びるものを
ムラサキエンレイソウという。

オオバナノエンレイソウに似るが、花は本種の方が小さく横向きからやや下向きに咲く。内花被片は
外花被片とほぼ同じ長さ。どちらも先端がとがる。子房はクリーム色。まれに紫色の斑点がある。
葯は花糸とほぼ同長。

梅沢俊 『新北海道の花』によれば、エゾミヤマエンレイソウは、シロバナエンレイソウの変種で、子房が
暗紫色になり、花弁(内花被片)が咲き始めから淡紫色のものは、品種ムラサキエンレイソウという。

花期:4〜6月  分布:北海道、本州、四国、九州

出典
佐竹義輔 大井次三郎 北村四郎 亘理俊次 冨成忠雄 編『日本の野生植物 草本 T 単子葉類』
平凡社 1999年2月22日 新装版第1刷
改訂版監修 門田裕一 『山溪ハンディ図鑑2 増補改訂新版 山に咲く花』 山と溪谷社 2013年3月30日
梅沢俊 『新北海道の花』 北海道大学出版会 2007年3月25日
梅沢俊 『改訂版 北海道 春の花 絵とき検索表U』エコ・ネットワーク 2007年3月20日改訂版
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

これまでに撮影した写真を見直したところ、2011年5月14日に、ポロト自然休養林の中央コースで、子房が
暗紫色の変種エゾミヤマエンレイソウを確認していたことが分かった。当時は、資料が乏しく同定できなかった。
2017.2.21


シロバナエンレイソウは、ポロト自然休養林の中央コースやカムイコースなどで見られた。
本種とオオバナノエンレイソウとの雑種で、白老の地で最初に確認されたというシラオイエンレイソウ
見られる。2010.5.22

   
シロバナエンレイソウ
白老町 ポロト自然休養林
花は横向きからやや下向きに咲く。内花被片は外花被片とほぼ同じ長さ。どちらも先端がとがる。
葯は花糸とほぼ同長。


2010.5.22 Canon EOS20D+SIGMA AF50mm F2.8 MACRO 
エゾミヤマエンレイソウ
白老町 ポロト自然休養林
エゾミヤマエンレイソウは、子房が暗紫色になる。

2011.5.14 Canon EOS20D+SIGMA AF50mm F2.8 MACRO

2003年から「花図鑑 野に咲く花・山に咲く花 北海道」の撮影を始めた。その年の5月12日に
野幌森林公園で、変種エゾミヤマエンレイソウを確認していたことが14年後に分かった。
当時は、資料が乏しく同定できず、お蔵入りとしていたが、過去の写真を、手持ち資料をもとに再調査して
いたところ本種と分かった。
当時の写真はCDに保存してあるが、今は、パソコンのハードディスクに十分な空きがある。また、オフ
シーズンは、時間にも余裕がある。コピーをして、宝さがしをするのも楽しい。2017.2.21

瑞穂口から下野幌線を歩いた。シロバナエンレイソウが集まって咲いていた。2011.5.21

北海道では5月初旬頃から、本種とエンレイソウオオバナノエンレイソウ が競い合うように咲き
始める。湿潤であれば場所をあまり選ばないようだ。各地の公園など、身近な場所に普通に咲いて
いる。本種とオオバナノエンレイソウは、見分けるポイントを知らないと同じ花に見える。本種を最初に
掲示したとき、白いエンレイソウはどれもシロバナエンレイソウと思い込み、オオバナノエンレイソウの
写真を入れる失敗を犯してしまった。(笑)
2003.5.6/2006.5.13/2007.5.20

 シロバナエンレイソウ
江別市 野幌森林公園
小群落があったが、花の盛りをやや過ぎているため、花弁がピンク色がかっていた。

2011.5.21 Canon EOS20D+SIGMA AF50mm F2.8 MACRO
白い花弁(内花被片)が波打つタイプもある。

2007.5.20 Canon PowerShot G7
茎が長い割に葉がやや小ぶりである。花も開き始めたばかりで、初々しい。

2006.5.13 Canon EOS20D+EF100mm F2.8マクロ
周りに背丈の高い植物がなく、3本の株立はよく目立つ。

2003.5.6 Nikon COOLPIX995
エゾミヤマエンレイソウ
江別市 野幌森林公園
2003.5.12 CASIO EXZ3 撮影者:ほたる 2003.5.12 Nikon COOLPIX995
2003年から「野に咲く花、山に咲く花」の撮影を始めたが、その年の5月12日に
野幌森林公園で、本種を確認していたことが14年後に分かった。2017.2.21

シロバナエンレイソウは、恵庭市の恵庭公園で見られた。この時期、本種とエンレイソウとの雑種である
ヒダカエンレイソウも割りに多く見られる。エンレイソウも子房が緑色や黒紫色の両方が見られる。
オオバナノエンレイソウも多いため、本種と自然交配したシラオイエンレイソウも見られる。
短時間で、多くの種類を観察できる場所として、お薦めである。2010.5.23,2008.5.6

ムラサキエンレイソウは、5年前に、恵庭市の恵庭公園で確認していたことが分かった。これまで、ヒダカ
エンレイソウとして掲載していたが、シロバナエンレイソウの画像の見直し過程で、本種と同定した。2017.3.5

シロバナエンレイソウ
恵庭市 恵庭公園
小群落が点在していたが、どれも花の盛りは
やや過ぎていて、花弁がピンク色がかって
いた。

2010.5.23
Canon EOS20D+SIGMA AF50mm F2.8 MACRO
開花して間もないからか、白い花弁(内花被片)
が波打っていた。


2008.5.6 Canon PowerShot G7
ムラサキエンレイソウ
恵庭市 恵庭公園
花弁(内花被片)は3個で、咲き始めから淡紫色。外花被片の先は、次第に細く、鋭くなる。
子房は淡緑色だが、花柱は淡紫色。雄しべは雌しべより短い。葯は花糸とほぼ同長。


2012.5.20 Nikon COOLPIX P7100

シロバナエンレイソウは、夕張岳の登山道沿い(冷水沢〜前岳湿原入口)で見られた。
花の盛りはやや過ぎ、花弁はピンク色が目立っていた。2009.6.29

シロバナエンレイソウ
夕張岳 (冷水ノ沢〜前岳湿原入口)
2009.6.29
Canon EOS20D+SIGMA AF50mm F2.8 MACRO

最終更新日:2017年4月30日