エゾシロチョウ
Aporia crataegi
チョウ(鱗翅)目 シロチョウ科 シロチョウ亜科 ミヤマシロチョウ属

エゾシロチョウはシロチョウ(白蝶)の一種で、和名は、日本では北海道だけに分布し、翅(はね)が白いことに
由来するという。モンシロチョウの仲間だが、翅には黒い紋がなく、翅を開いたときの大きさは65ミリ前後で
20ミリほど大きい。幼虫はいわゆる毛虫で、5月頃、サクラなどバラ科の樹木に集団で発生し
葉などを食べる。

わが家のサクラは、例年、5月頃にオビカレハ(蛾)の幼虫の被害を受ける。今年はどうかと観察していたところ
期待に反し、エゾシロチョウの幼虫が発生し、葉などが食べられた。エゾシロチョウの幼虫は、モンシロチョウの
ような青虫ではなく、オレンジ色に黒の筋が入った毛虫だ。卵は枝や葉にたくさんかためて産みつけられ、孵化
すると、集団で葉を食べる厄介ものだ。既に、2〜3メートルほどの枝4本は葉を食べ尽くされ丸裸になった。
被害の拡大を防ぐため、伸縮式高枝切鋏で枝の一部を切落とし、屋根に上がって手のとどく範囲の枝を手繰り
寄せ、ベニカDスプレーを散布して駆除した。しかし、隣りの駐車場にかかっている枝は太いし、枝の付け根
から切ると樹形が乱れる。噴霧器を使うしかないが、車を移動してもらうのは気の毒だし、春は風が強いので
環境にも悪い。3メートルほどの枝2本に、毛虫が隊列を組んで葉を食べているのが見えるが、しばらく様子
をみることにした。仮に全部の葉が食べられてもサクラは枯れないし、幼虫を残して蝶を舞う姿を見るのも
悪くないから・・・。(笑)

幼虫を残したのが間違いの元だったのか、6月中旬〜下旬は、毎日のように4〜5匹が庭を飛び回っている。
わが家のサクラはよいとしても、お隣さんのヤマザクラに産卵しないかハラハラしながら見守っている。(笑)

エゾシロチョウの蛹と成虫

羽化直後

2007.6.18
飛び立つまでに翅を乾かす

2007.6.12
隣りのMさんの駐車場の真上に伸びた枝を払う。
幼虫と蛹、そして幼虫から蛹へ変わりつつある姿を同時に見られた。

2007.6.2

エゾシロチョウの幼虫

枝に糸を張った営巣付近をうろつく。
隊列を組んで、枝の先端に向かって食べ進んでいく。
屋根に上がって、枝をつまみ撮影する。
子房も食べる。
2007.5.20