ゼンテイカ (禅庭花)
Hemerocallis dumortier var. esculenta
別名:ニッコウキスゲ、エゾゼンテイカ、エゾカンゾウ

ユリ科 ワスレグサ属

海岸〜亜高山の草地や湿原などに群生し、茎の高さは40〜80センチ。茎頂の花序に、橙黄色の
花を数個つける。花柄はごく短いものから3センチくらいのものまで変異がある。花は長さ7〜9
センチ、直径8〜10センチ。花筒は長さ1.5〜2センチ。朝方開花し、夕方に閉じる。
葉は線形で、2列に扇形に出て、上部は湾曲して垂れる。
和名の由来ははっきりしないという。
ゼンテイカ(ニッコウキスゲ)の大群落は、夏の高原の風物詩で、日光霧降高原、霧が峰高原
尾瀬などが知られる。


ゼンテイカ(ニッコウキスゲ、エゾゼンテイカ)について、平凡社の「日本の野生植物 草本 T 
単子葉類」に次の記述がある。

従来、本州東北部から北海道・南千島産のものは、花柄がごく短いかほとんどなく、花披片が厚質なのでエゾ ゼンテイカとし、H. middendorffii Trautv. et Meyをこれにあて、本州中部のものは、花披片が薄質で、花柄が はっきりしているのでゼンテイカ(ニッコウキスゲ)と区別し、別種としたり、その変種としたりした。しかし、地理的には一応わけられる としても、形態的には連続してわけることはむずかしい。そこで、これらを一緒にしてゼンテイカ群の基準種であるヒメカンゾウ (Hemerocallis dumortier C.Morren)の変種とみる、北村説をとることにした。

本サイトではこの見解にならい、和名をゼンテイカ (Hemerocallis dumortier var. esculenta)とし
ニッコウキスゲ、エゾゼンテイカ、エゾカンゾウは別名とした。しかし、以降の説明では北海道で馴染み
の深いエゾカンゾウの名を敢えて使用している。

花期:6〜8月  分布:北海道、本州(中部地方以北)

公園内に点在し、小群落も見られる。橙黄色の花はよく目立ち、遠くからもその存在が分かる。
咲き始めてから一週間も経つと、つぼみが残り少なくなり、枯れた花が目立つようになる。
2011.6.19,6.11

エゾカンゾウ(エゾゼンテイカ)は、遊歩道沿いの草地で小群落が見られる。例年、6月上旬から中旬
が見頃のようである。2009.6.13

エゾカンゾウ(エゾゼンテイカ)は、大群落を期待しなければ、海岸、公園、防風林、道路の法面など
環境さえ整えばどこにでも咲くといった調子で花開いている。
エゾカンゾウ(エゾゼンテイカ)はエゾキスゲに似る。エゾキスゲは夕方開花し、翌日の午後に閉じる。
色は黄色で、海岸の砂丘や草地に咲き、群生地として小清水原生花園などが知られる。
筆者はまだ見ていない。2005.6.18

恵庭市 恵庭公園
2011.6.11 2011.6.19
Canon EOS 20D+SIGMA AF50mm F2.8 MACRO
花柄に注目してみた。この個体は花柄はない
とは言えないが、ごく短かった。

2009.6.13
Canon EOS 20D+SIGMA AF50mm F2.8 MACRO
朝開花し、夕方閉じる一日花。
筆者は日没直後の薄暗い
防風林で咲いているのを
見たが、間もなく閉じたの
だろうか。
花柄はこぐ短い
2005.6.18 Canon EOS 20D+EF100mm F2.8マクロ

エゾカンゾウは、ヨコスト湿原の湿原帯で確認した。しかし、たった1株だけだった。
不思議なことに、その隣にはエゾキスゲが咲いていた。しかも、それも一株だけだった。
ポロト自然休養林ではエゾカンゾウが見られるし、すぐ近くの錦岡では、エゾキスゲの
群落が見られる。しかし、何か不自然な気がするのだが・・・。2012.6.24

エゾカンゾウは、白老町のポロト自然休養林のビジターセンター周辺で見られた。近づけなかったので
エクステンダーを使った。35ミリのフィルムカメラで換算すると、640ミリの超望遠レンズを付けている
のと同じなので、ミラーショックにも気を使ったつもりだがブレてしまった。(笑)
同じ頃、近くのヨコスト湿原では、エゾキスゲが見られた。エゾカンゾウはエゾキスゲに似るが、次の
ように見分けるのだという。2008.6.22

  エゾカンゾウ エゾキスゲ
花のつき方 茎頂の花序に集まってつく 長い花茎の上部でまばらに分枝してつく
花色 橙黄色 黄色(いわゆるレモンイエロー)
花柄 花柄はほとんどない 短い花柄がある

白老町 ポロト休養林
2008.6.22
Canon EOS 20D+EF70-200mm F2.8L USM + エクステンダー EF2×
白老町 ヨコスト湿原
確認できたのは
たった1株だけ。

2012.6.16
Canon EOS 5DMK2
+SIGMA AF50mm F2.8 MACRO
1週間後には、隣に
エゾキスゲが咲いた。
それも一株だけだった。

2012.6.24
Canon EOS 5DMK2
+SIGMA AF50mm F2.8 MACRO 

雨竜沼湿原のエゾカンゾウは、「雨竜沼湿原 エゾカンゾウ咲く 2005」として、開花から満開まで
推移を紹介している。2005.10.8

ほたるがエゾカンゾウの大群落を見たいというので、先週に続き(今週はほたると二人で)雨竜沼湿原
を歩いてみた。ほたるは、久し振りの登山と折からの強風でダウン寸前である。「湿原に入ると大群落
だ。疲れが吹き飛ぶぞ!」と励まし続けてきたのだが・・・。着いてみると、ほたるの期待にはほど
遠く「息が苦しい、足が痛い」などと、ぼやくことしきりだった。(笑)2005.7.17

雨竜町 雨竜沼湿原
ほたるは吹き飛ばされるほどの強風の中
エゾカンゾウにレンズを向ける。白いのはワタスゲ。

2005.7.17
CASIO EXILIM EX-Z3 撮影者:ほたる

エゾカンゾウは、野付半島のナラワラやトドワラで見られた。既に花の盛りは過ぎていたが、ノハナショウブの
大群落の中に点在する橙黄色花は、それなりに存在感があった。2016.7.17

別海町 野付半島
ノハナショウブの大群落の中に、エゾカンゾウやハマナスの花が彩りを添えていた。

2016.7.17 Canon PowerShot G3X