フジ
Wisteria floribunda
別名:ノダフジ
マメ科 フジ(ウィステリア)属

フジはノダフジともいい、日本原産のつる性落葉木本で、万葉集に登場するほど古くから親しまれているという。
長さ20〜90センチの総状花序に、長さ1.2〜2センチの蝶形の花を多数つけ、房状に垂れ下がる。花は基部
から先端に向かって咲き進み、紫色〜淡紫色。葉は、長さ20〜30センチの奇数羽状複葉で、小葉は11〜
19個。つるは右回りに巻く。ちなみに、左回りに巻くのはヤマフジである。

2016年春、選定の方法が功を奏したのだろう、数えきれないほどの花序を付けた。

2008年はたった1個の花序しかつけなかったが、2009年は約100個の花序をつけた。

わが家の庭は、フジを棚仕立てで楽しむほど広くはない。2004年初夏、せめて立木仕立て(株仕立て)でもと
実家の庭から花を付けたヒコバエ?を分けてもらった。そして、花後に、ろくに勉強もせず、いい加減な剪定を
してしまった。案の定、翌年は全く花を付けなかった。(笑)勉強嫌いの筆者は、「花を見るまでは樹の勢いに
任せる!」と、安易な方法を選択して見守った。2006年初夏、たった1房しか花をつけず愕然とする。(笑)
花後、↓の管理方法にある剪定を試みる。2007年初夏、たかだか1.2メートルほどの高さの木に小枝を
含め6本の枝を伸ばし、53房もの花をつけてくれた。ただ、来年も同じように咲かせられるかは自信がない。(笑)

花期 6月上旬〜6月中旬

数えきれないほどの花を
咲かせた。

2016.5.27
 約100個の花序をつけてくれた。

2009.6.3
旗弁、翼弁の長さは1.5〜2センチ 6本の枝に53個の花序をつけた。
花序の長さは35〜40センチ。
2007.6.8

わが家での管理方法

剪定 根元から出るヒコバエはかきとる。
花芽は、新しい枝のうち、短い枝の葉腋に付く。生長期は、夏に延び過ぎたつるの先端を
20センチほど摘んで伸びを抑える。
落葉期は、長く伸びて花芽のつかないつるを5〜7芽を残し切り戻し、短い枝が出るよう
にする。不要なつるや込み合った場所はつけ根から切り落とす。
肥料 花序が出始めた頃、根元付近に有機化成肥料を撒いている。
病害虫 マイマイガの幼虫に葉を食べられる被害があり、見つけしだい捕殺している。クサギカメムシ
の幼虫に果実を吸汁される被害もある。
越冬

耐寒性があるので、あまり気を使っていない。