コメバツガザクラ (米葉栂桜)
Arcterica nana
ツツジ科 コメバツガザクラ属

高山帯の岩礫地などに生え、茎の高さが5〜15センチになる常緑の小低木。茎は地面を這い、細かく
枝分かれする。枝先に、長さ5〜10ミリの白色の花を3個下向きにつける。花冠は壷形で、浅く5裂し
裂片の先は反り返る。葉は卵形〜楕円形で、3個ずつ輪生し、厚く、光沢がある。葉が米粒に似て
いるところからこの名がある。

花期:7〜8月  分布:北海道、本州(中部地方以北)

コメバツガザクラは、葉がコケモモに似るが、花が壷形なので容易に見分けられる。この花は
大雪山ではごくふつうに見られるが、支笏湖の南で噴煙を上げている樽前山(1041m)でも標高
700m付近から群生しているのが見られる。ただ、標高が低い分、7月に入ると花が終わっている
ことが多い。

大雪山(黒岳〜お鉢平展望台) 大雪山(姿見駅〜裾合平)
2003.7.9 Nikon COOLPIX995 2003.7.15 Nikon COOLPIX995

樽前山に高山植物が咲き始めたと、風のたよりが届く。早速出かけてみると、コメバツガザクラや
イワヒゲが今が盛りと咲いていた。大雪山などの高山と比べると1ケ月以上も早い。しかも、7合目
駐車場からわずか10分程度歩くだけで見られるのが嬉しい。イワヒゲも一緒に見られる風不死岳
コースがおすすめだ。2004.6.4

樽前山
 上を向いて咲く花も見られた。

2004.6.4 Nikon COOLPIX995
この個体は、例年の開花時期
よりも2ケ月も遅い8月に咲いて
いた。
1週間前は→の写真のように
果実ばかりだった。
遅くなった原因は不明。

2003.8.5 Nikon COOLPIX995
 高山よりも開花が早い分、果実が
見られるのも早い。

2003.7.29 Nikon COOLPIX995