コケモモ (苔桃)
Vaccinium vitis-idaea
別名:コバノコケモモ、フレップ

ツツジ科 スノキ属

亜高山〜高山帯のハイマツの下や林縁などに生え、高さが5〜20センチになる常緑の小低木。
細かく枝分かれしてマット状に広がり、枝先の花序に、長さ6ミリほどの白色〜淡紅色の花を
下向きに数個つける。花冠は鐘形で、先は浅く4裂し、裂片の先は外側にやや反り返る。
果実は直径約7ミリの球形で、赤く熟し、食べられる。
葉は互生し、卵状楕円形で、厚く、光沢があり、全縁。

花期:6〜7月  分布:北海道、本州、四国、九州

同じ山域でも、花冠の形、花色に違いがあるようだ。別の花かと、図鑑を開いてみると、同じ花だと
教えられ、何か損をしたような気持ちになる。2013.7.21

コケモモは、旭岳直下の姿見の池散策路周辺で見られた。ほたるに、「8月には赤い実がなるよ。
ほっぺが落っこちるほど美味しいそうだよ。その頃にまた来る?」というと、「え〜〜っ!、こっちが
あれに食べられちゃうじゃん!」と首を横に振った。そう言われれば、この花に出会ったのはヒグマの
出没域ばかりだった。2010.7.17

黒岳からお鉢平展望台に至る登山道沿いで、鮮やかなピンク色のコケモモに出会った。2003.7.9

大雪山(姿見の池散策路周辺)
花色は白色と淡紅色が見られた。濃淡の変化が多いという。

2013.7.21
Canon EOS 5DMK2+Canon EF100mm F2.8L マクロ IS USM
こちらの個体の花冠は長い鐘形。

2010.7.17
Canon Power Shot G11 撮影者:ほたる
大雪山(黒岳〜お鉢平展望台)
ここで出会ったコケモモは、とてもきれいなピンクだった。

2003.7.9 Nikon COOLPIX995

コケモモは、樽前山7合目ヒュッテから頂上に向かう登山道沿いで見られたが盛りを過ぎる寸前
だった。標高が低いところでは花が散って実をつけはじめていた。登るにつれ白の花弁にピンクの
模様をつけた愛らしい花が目に飛び込んできて感激だ。ただ、葉がコメの形をしていたため
コメバツガザクラと勘違いするところだった。図鑑を広げると、花が壷形ではなく鐘形、葉も大きく
つやがある。「これはコメバツガザクラじゃない!コケモモだ!」と、一人叫ぶ!
そして、盛夏には、早々と実をつける。2003.7.29/2003.6.24

樽前山 
白地にピンクの模様をまばらに散りばめ愛らしい。
模様は斑状、絞りなど変化に富むようだ。

2003.6.24 Nikon COOLPIX995
 赤く熟したコケモモの果実。甘くて美味しいという。

2003.7.29 Nikon COOLPIX995

夕張岳のいつもの場所でコケモモと再会した。花色は5年前と比べると紅色が濃く出ている。濃淡には
変化が多いようである。2009.6.29

コケモモは、夕張岳の登山道沿いで見られたが、局所的で個体数も少ない印象を受けた。北海道の
東部や北部では湿原や海岸でも見られるという。2004.6.28

夕張岳(前岳湿原入口〜吹き通し) 
2009.6.29

Canon EOS 20D
+SIGMA AF50mm F2.8 MACRO
2004.6.28

夕張岳でもコケモモが見られる。
Nikon COOLPIX995

コケモモは、オロフレ峠からオロフレ山に至る登山道沿いで見られた。赤く熟した果実は、甘くて
美味しいという。今度は、果実をつけるころに訪ね、甘さを実感してみたい。2010.6.26

壮瞥町 オロフレ峠
2010.6.26
Canon EOS 20D+SIGMA
AF50mm F2.8 MACRO