イソツツジ (磯躑躅)
Ledum palustre subsp. diversipilosum var. nipponicum

カラフトイソツツジ (樺太磯躑躅)
Ledum palustre
subsp. diversipilosum var. diversipilosum

ツツジ科 イソツツジ属

低地〜高山帯の湿原や礫地などに生え、茎の高さが30〜80センチになる常緑の小低木。
枝先の花序に直径約1センチの白色の花を、やや球状に多数つける。花冠は深く5裂する。
雄しべは10個。
葉は互生し、短い柄があり、長楕円形で、厚く、先はとがる。全縁で、縁は裏側に巻き込む。
葉の裏面には白と茶褐色の毛が混生する。

和名のイソツツジは、エゾツツジと呼ぶべきところをイソツツジと誤って呼び伝えられたことに
由来し、イソ(磯)の意味ではないという。

梅沢俊『「新版」北海道の高山植物』北海道新聞社 2009年初版によれば
カラフトイソツツジの葉の裏面には白と茶褐色の毛が混生する。白毛が多い型を変種イソツツジ
茶褐色の毛が多い型を基準変種カラフトイソツツジ(カバフトイソツツジ、エゾイソツツジ)と分ける
見解もあるという。
図鑑の葉裏の写真では、どちらの葉の主脈上にも茶褐色の毛がある。

林将之『山溪ハンディ図鑑 14 樹木の葉』山と溪谷社 2014年初版によれば
イソツツジの葉裏は普通白く、裏面主脈上に褐色の長毛がある。北海道には葉裏全体に褐色の
長毛が多い型があり、変種カラフトイソツツジに区別する見解があるという。

イソツツジとカラフトイソツツジの見分け方は、どちらも同じことを言っている。本サイトは区別する
見解に従い、別種として掲載した。

花期:6〜7月  分布:北海道、本州(北部)

葉の裏面には白色と茶褐色の長い毛が混生し、基準変種のカラフトイソツツジと思われる。2013.7.21

カラフトイソツツジは、旭岳直下の姿見の池散策路周辺で見られたが、咲き始めたばかりのようで花数は
少なかった。ヒメイソツツジと思われる個体も見られたが、確認が不十分だった。残念!2010.7.17

カラフトイソツツジ

大雪山(姿見の池散策路周辺)
満開のカラフトイソツツジが見られた。

2013.7.21 Canon 5DMK2
+Canon EF100mm F2.8L マクロ IS USM
 今年枝の葉の裏面には、白色と茶褐色の
長い毛が混生する。

今年枝の葉の表面にも、長い白色と
茶褐色の毛が見られる。

2013.7.21 Nikon COOLPIX P7700
花序のすぐ下に付いている葉の形は線形。ヒメイソツツジに似る。
しかし、さらに下の方には、幅の広い葉が見える。
同じ枝のものかは確認していないためカラフトイソツツジとした。

2010.7.17 Canon EOS20D+SIGMA AF50mm F2.8 MACRO 

樽前山七合目ヒュッテ前から風不死岳に到る登山道を、樹林帯から樽前山や支笏湖を見渡せる景色の
よい礫地まで歩いた。目的は、そこに群生しているカラフトイソツツジを観察するためだ。葉の裏の毛の
状態は3年前にも確認しているが、画像は今年枝のものしかなかった。今回、前年枝の葉裏の状態を
確認した。ウコンウツギ、イワヒゲが見頃だった。咲き始めたばかりのコメバツガザクラも見られた。
2016.6.5

樽前山七合目ヒュッテから風不死岳に到る登山道を、風不死岳と樽前山の分岐点を目標に歩いた。
樹林帯から樽前山や支笏湖を見渡せる景色のよい礫地に出ると、カラフトイソツツジ、イワブクロ
(タルマエソウ)、ウコンウツギなどが迎えてくれた。2013.6.30/2004.6.11

カラフトイソツツジ

樽前山
樽前山七合目ヒュッテ前から風不死岳に到る登山道を15分ほど歩くと、やや暗かった
樹林帯から樽前山や支笏湖を見渡せる礫地に出る。礫地のカラフトイソツツジは
厳しい気象条件にさらされる影響なのだろう、枝は地をはうように伸びていた。

2016.6.5 Canon PowerShot G3X
前年枝の葉の裏面は、全体に茶褐色の
長い毛が多い。
葉を裏返しにすることを繰り返しているうちに
葉柄の毛の状態で、葉の裏面がどうなって
いるかを予測できるようになった。

2016.6.5 Canon PowerShot G3X
れき地では、カラフトイソツツジを中心に
イワヒゲ、コメバツガザクラ(つぼみ)
ノギラン(葉)が見られた。

2016.6.5 Canon PowerShot G3X
今年枝の葉の裏面は、白色と茶褐色の長い毛が混生している。
今年枝の葉の表面にも、長い茶褐色の毛が見られる。

2013.6.30 Canon EOS5DMK2+Canon EF100mm F2.8L マクロ IS USM
花の開花に合わせ伸びてきた今年枝の葉の裏面には、長い白毛と茶褐色の毛が見られる。
今年枝の葉の表面にも長い茶褐色の毛が見られる。

2004.6.11 Nikon COOLPIX995

ヨコスト湿原のイソツツジは、前年枝の葉のほとんどが紅葉したような赤紅色になっていた。
まるで枯死したように・・・。例年、7月前後に豪雨に見舞われ、湿原の低い部分が水没する影響と
思われるが、花芽がしっかり付いているので、心配は無用かも知れない。
この後に行った樽前山のカラフトイソツツジは3分咲きだったが、海が目の前にあるこの地の
イソツツジは、↓のような固いつぼみが多かった。2016.6.5

ヨコスト湿原のイソツツジは、白毛が多いタイプと、それに茶褐色の毛が混じる二つのタイプが見られた。
茶褐色毛の多少は変異が多いようである。2013.6.15

イソツツジは、白老町のヨコスト湿原で見られた。高さは8センチほどしかなく、湿原の苔や草の上に
ちょこんと乗っかるように咲いていた。
↓の個体は、花の直径が1〜1.2センチ。葉は大きいもので長さが2〜2.5センチ、幅は6〜8ミリ
だった。葉の裏面には、白色と茶褐色の毛が見られた。その場所には、50センチ四方ほどの株が4つ
あったが、花をつけている枝は全部で5本しかなく、花付きはよくなかった。2009.6.14

イソツツジ

白老町 ヨコスト湿原
前年枝の葉のほとんどが紅葉したような
赤紅色になっていた。まるで枯死したように・・・。
ただ、花芽がしっかり付いているし、一つは間もなく
開花する状態なので、心配は無用かも知れない。

2016.6.5 Canon PowerShot G3X
前年枝に付いていた葉

葉の裏面が白っぽいのは共通する。
茶褐色の毛は葉脈に多い。
葉脈の両側には白毛と茶褐色の
の毛があるが、長さ、量は変異が
多いようである。

2016.6.5 Nikon COOLPIX P77
今年枝の葉の裏面は白毛が多い。

2013.6.15 Nikon COOLPIX P7700 撮影者:ほたる
今年枝の葉の裏面は白毛が密生している。

2009.6.14 Canon EOS20D+SIGMA AF50mm F2.8 MACRO