ヒメイソツツジ (姫磯躑躅)
Ledum palustre subsp. decumbens
ツツジ科 イソツツジ属


高山帯や、やや乾いた岩礫地に生える常緑の低木。イソツツジに似るが、茎の高さは
20〜30センチと低い。葉は線形で、長さ1〜2センチ、幅は1〜3ミリと細く、縁は裏側に
強く巻き込む。

北海道レッドデータブックによれば、分布は北海道の大雪山と道東の一部だけに限られ
希少種(R)に指定しているという。

花期:6〜7月  分布:北海道

2週間後、赤岳から小泉岳間で、花が枯れずに残っているヒメイソツツジに出会えた。
この花が本種か否か同定するには、葉の計測が必要だったが、Sweden製のコンパスが
役に立った。2003.7.23

ヒメイソツツジは、黒岳石室〜お鉢平展望台間で見られたが、花の最盛期は既に過ぎ
散房状についた花の半分は傷んでいた。2003.7.9

大雪山(赤岳〜小泉岳) 大雪山(黒岳石室〜
お鉢平展望台)
→と同じ大雪山系だが、2週間後に
花弁が残っている花に出会えた。

2003.7.23 Nikon COOLPIX995
花の盛りは過ぎていたが
葉の状態から本種と同定
できた。


2003.7.9 Nikon COOLPIX995