ホソバウルップソウ (細葉得撫草)
Lagotis yesoensis
ゴマノハグサ科 ウルップソウ属

高山帯の湿った礫地や草地に生え、茎の高さは15〜30センチ。茎頂の円柱状穂状花序に、長さ
約1センチの青紫色をした筒状の花を多数密につける。花冠は上唇と下唇からなる唇形。
葉は多肉質で、光沢があり、鋸歯がある。根生葉は楕円状披針形で大きく、茎葉は卵形〜広卵形で
小さい。

ホソバウルップソウは、環境省から絶滅危惧種(EN)、北海道から絶滅危急種(Vu)に指定されている。

花期:7〜8月  分布:北海道

ホソバウルップソウは、大雪山固有種。赤岳・小泉岳周辺で見られたが、既に花期が過ぎ、先端に
青紫色の花がわずかに残るだけだった。残念!

大雪山(銀泉台〜赤岳・小泉岳)
2003.7.23 Nikon COOLPIX995