エゾノツガザクラ (蝦夷栂桜)
Phyllodoce caerulea
別名:エゾツガザクラ
コエゾツガザクラ (小蝦夷栂桜)
Phyllodoce caerulea var. yezoensis
ニシキツガザクラ (錦栂桜)
Phyllodoce caerulea var. marmorata

ユウパリツガザクラ
 
(夕張栂桜)
Phyllodoce caerulea f. takedana

ツツジ科 ツガザクラ属

エゾノツガザクラは、高山帯の雪田ふちなどに群生し、茎の高さが10〜30センチになる常緑の小低木。
枝先に、長さ8〜10ミリの紅紫色の花を下向きに数個つける。花冠は長い壷形で、浅く5裂し、裂片の
先は反り返る。萼は深く5裂する。花柄、がく、花冠の表面に腺毛がある。
葉は互生し、線形で枝のまわりに密につく。長さは7〜12ミリ、幅は1.5ミリほどで、縁に細かい鋸歯が
ある。

花期:7〜8月  分布:北海道、本州(北部)

梅沢俊 『「新版」北海道の高山植物』 北海道新聞社 2009年初版によれば
同属のアオノツガザクラとの間に様々な自然雑種があるという。主な種の違いを比較すると
次のようである。

  花の形 花色 花柄、がくの腺毛 花冠表面の腺毛
エゾノツガザクラ 長い壺形 白色〜紅紫色 多い 多い
コエゾツガザクラ 膨らんだ壺形 白色〜紅紫色 多い まばら
ニシキツガザクラ 扁平な壺形 白色〜淡紅色
紅紫色の絞りが入る
多い ほぼ無毛
ユウパリツガザクラ 上下につぶれた壺形 淡い紅紫色か白色 多い わずか

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

下記コメントを掲載してから13年が経過した。年を重ねるごとに、足腰が弱り、登山は難しくなった。
ロープウェーを利用することにより比較的容易に高山植物に出会える「姿見の池散策路」を歩くように
なった。2010年、2012年、2013年に訪ねたときの撮影データを上記図鑑をもとに検討し反映した。
2016.3.31

エゾノツガザクラは、1987年に初めて大雪山(裾合平)を訪れたときに出会った。登山道沿いは
本種と同属のアオノツガザクラの大群落で、紅と黄緑の可愛いらしい花が咲き競っていて感動した
ことを思い出す。前日に、黒岳7合目と黒岳石室を往復したが、そこでは見られなかった花で、大雪山
のふところの深さに驚くとともに、多くの花に出会えたことに感謝し、再会を誓った。あれから16年も
経ったが、今、実現したことを素直に喜びたい。2003.7.23

エゾノツガザクラ 
花冠は長い壺形で、花色は紅紫色。花冠の表面の腺毛は多い。
葉は互生し、線形で枝のまわりに密につく。縁に細かい鋸歯がある。


2012.7.15 大雪山(姿見の池散策路周辺)
Canon EOS5DMK2+SIGMA AF50mm F2.8 MACRO
姿見の池散策路から見た大規模な群落の一部。
花冠は長い壺形タイプ。花色はやや淡い紅紫色。
花冠の表面の腺毛は多い

2013.7.21 大雪山(姿見の池散策路周辺)
Canon EOS5DMK2+Canon EF100mm F2.8L マクロ IS USM
本種は花柄、がくに加え、花冠の表面にも腺毛が多いのが特徴。
花冠の形は、長い壺形〜つぶれた壺形まで変化に富む。
左上は長い壺形、右上はやや膨らんだ壺形。花色はどちらも、典型的な紅紫色。
左下は花冠の形が上に比べさらに膨らんでいるが、ややつぶれた壺形で、花色は淡紅紫色。
右下は白に近い淡紅紫色で、それよりも濃い色の絞りが見られるが、表面の腺毛は多い。

2013.7.21 大雪山(姿見の池散策路周辺)
Canon EOS5DMK2+Canon EF100mm F2.8L マクロ IS USM
右下:Nikon COOLPIX P7700 撮影者:ほたる
花冠は白色(やや淡紅色が混じる)で、表面の腺毛が目立つ。白花品と思われる。

左: 2013.7.21 大雪山(姿見の池散策路周辺)
Canon EOS5DMK2+Canon EF100mm F2.8L マクロ IS USM
右:2010.7.17 大雪山(姿見の池散策路周辺)
Canon EOS 20D+SIGMA AF50mm F2.8 MACRO 
花柄、がく、花冠の表面に腺毛が多い。

2003.7.23 大雪山(銀泉台〜赤岳) Nikon COOLPIX995

今回、ニシキツガザクラと思われる種を大雪山(旭岳)の姿見池周辺で確認した。2013.7.21

エゾノツガザクラは、同属のアオノツガザクラとの間で多様な交雑種が見られるという。筆者も旭岳の
姿見池周辺でコエゾツガザクラ、ユウパリツガザクラと思われる種を確認した。2010.7.17

コエゾツガザクラ 
花冠は膨らんだ壺形で、花色は淡い紅紫色。花冠の表面には腺毛がまばらにある。
花の向きは、下向き、横向き、上向きに近いものが混在していた。

2013.7.21 大雪山(姿見の池散策路周辺)
Canon EOS5DMK2+Canon EF100mm F2.8L マクロ IS USM
花冠の形は膨らんだ壺形で、花冠の表面には腺毛がまばらにある。
花色は白く、白花品と思われる。

2010.7.17 大雪山(姿見の池散策路周辺)
Canon EOS5DMK2+Canon EF100mm F2.8L マクロ IS USM
ニシキツガザクラ 
 花冠の形は膨らんだ壺形で、表面はほぼ無毛。
花色は淡い紅紫色で、紅紫色の絞りが入るタイプのようである。
花冠の形は、膨らんでいるが、ややつぶれた壺形で、表面はほぼ無毛。
花色は淡黄色で、ピンク〜オレンジ色の絞りが入るタイプのようである。

2013.7.21 大雪山(姿見の池散策路周辺)
Nikon COOLPIX P7700 撮影者:ほたる
 花冠の形は長い壺形。花柄、がくは黄緑色で腺毛が多いが、花冠表面の
腺毛はわずか。 花色は白で、白花品と思われる。
分かりに難いが、花冠の表面にややピンクがかった絞りが入っている。

2010.7.17 大雪山(姿見の池散策路周辺)
Canon EOS 20D+SIGMA AF50mm F2.8 MACRO
 
ユウパリツガザクラ 
花冠の形は上下につぶれた壺形。花色はふつう淡い紅紫色か白色だという。
↑は乳白色で、淡紅色の絞りが入っているように見える。
花柄とがくは紅色を帯び、腺毛が多い。花冠の表面の腺毛はまばらなことから
本種とした。

2010.7.17 大雪山(姿見の池散策路周辺)
Canon EOS 20D+SIGMA AF50mm F2.8 MACRO