チシマエンレイソウ (千島延齢草)
Trillium kamtschaticum var. kurilense
ユリ科 エンレイソウ属

低地〜亜高山帯の湿地や林内などに生え、茎の高さは30〜70センチ。茎頂に直径5〜7センチの
白色の花を1個つける。外側に緑色の萼(外花被片)、内側に白い花弁(内花被片)がそれぞれ3個
ある。雄しべは雌しべよりも長く、葯は花糸の約3倍。葉は茎頂に3個輪生し、菱形状広卵形。
オオバナノエンレイソウに似るが、本種は子房全体が黒紫色を帯びる。

花期:5〜6月  分布:北海道、本州(北部)

出典:
梅沢俊 『新北海道の花』 北海道大学出版会 2007年3月25日
梅沢俊 『改訂版 北海道 春の花 絵とき検索表U』エコ・ネットワーク 2007年3月20日改訂版
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

チシマエンレイソウは野幌森林公園で見られたが、子房の黒さがちょっと不気味だった。オオバナノ
エンレイソウの変種で、違いは”白い花をつけるエンレイソウの比較”に詳しい。2007.5.20

江別市 野幌森林公園 
子房全体が黒紫色を帯びる。
雄しべは雌しべよりやや長い。
 
2007.5.20
Canon PowerShotG7 


野幌森林公園のモミジコースでは、例年、チシマエンレイソウに似た個体を確認している。
今春は同じコースの別の場所で、1本だけだが類似の個体を確認した。2017.5.13

江別市の野幌森林公園のモミジコースでも、白老町で確認した種(↓のポロト自然休養林)と
酷似する個体が見られた。
葯は花糸の3倍の長さだが、雄しべは雌しべよりもやや短いため、チシマエンレイソウと同定
できなかった。2014.5.11/2015.5.10

江別市 野幌森林公園
2017.5.13 Canon PowerShot G3X 2017.5.13 Nikon COOLPIX P77
↑の個体は、↓の場所とは直線距離で1.5kmほど離れたところで見られた。
雄しべは雌しべよりやや短く、チシマエンレイソウではなかった。
葯はやや透明感のある白っぽいクリーム色だった。
葯は花糸の3倍の長さだが、雄しべは雌しべよりもやや短い。

2015.5.10 Nikon COOLPIX P77 
葯は花糸の3倍の長さだが、雄しべは雌しべよりもやや短い。

2014.5.11
Canon EOS 5DMK2+Canon EF100mm F2.8L マクロ IS USM

白老町のSさんから、ポロト自然休養林のカムイコースにチシマエンレイソウに似ているが
それと同定し難い個体があると、メールを頂いた。早速、行ってみた。

梅沢 俊 著「改訂版 北海道 春の花 絵とき検索表U」によれば
チシマエンレイソウは、オオバナノエンレイソウの変種で、次のような特徴があるという。
@花弁(内花被片)はがく片(外花被片)よりはるかに長く、どちらも先端は鋭くとがらない
A雄しべは雌しべよりも長く、葯は花糸の3倍の長さ
B花は上を向いて咲く傾向が強い
C子房は全体が濃い紫色

観察してみたところ、@BCは合致するが、Aは雄しべは雌しべより短く、合致しないのである。
種名の同定は難しいので、このような個体も存在するということを掲示するにとどめる。2012.5.9

白老町 ポロト自然休養林
雄しべは雌しべよりも短い。このため、チシマエンレイソウと同定
できないのだが・・・。本当の種名は???
2012.5.19
Canon EOS5DMK2+SIGMA AF50mm F2.8 MACRO

最終更新日:2017年5月27日