ユキバヒゴダイ (雪葉平江帯)
Saussurea chionophylla
キク科 トウヒレン属

高山帯の蛇紋岩地に生え、茎の高さは4〜10センチ。茎頂の散房状花序に、赤紫色の頭花を数個
まとまってつける。頭花はすべて筒状花。総苞は筒状で、直径1センチほど。
葉は広卵形で、硬く、光沢があり、裏には白い綿毛が密生する。

花期:7〜8月  分布:北海道

ユキバヒゴダイは、ウスユキトウヒレンやユキバトウヒレンに似るが、花床に剛毛がないことで見分け
られるそうだ。また、北海道固有種で、夕張山地と日高山地北部でのみ見られる貴重な花だという。
下のユキバヒゴダイは、夕張岳の蛇紋岩崩壊地(吹き通し)で見られたものだが、エゾタカネツメクサ
守られるかのように、その群落のど真中に堂々と咲いていた。近くにはホソバツメクサも見られた。2003.7.28

夕張岳(吹き通し)
わずかだが、葉の裏が見える。
裏面に綿毛が密生していて白い。
総苞は筒状で、直径1センチほど。
葉は地をはうように広がる。 エゾタカネツメクサに守られるかのように
その群落のど真中に堂々と咲いていた。
2003.7.28 Nikon COOLPIX995