ウコンウツギ (鬱金空木)
Weigela middendorffiana
(シノニム:Macrodiervilla middendorffiana)

スイカズラ科 タニウツギ属

亜高山〜高山帯の尾根や斜面などに生え、幹の高さが30〜200センチになる落葉低木。
枝先に、長さ3〜4センチの淡黄色の花を数個つける。花冠は漏斗状の鐘形で、先は浅く
5裂し、下側の裂片内部に橙色〜赤褐色の斑紋がある。
葉は対生し、長楕円形で、先は細長くとがり、縁に鋸歯がある。

花期:7〜8月  分布:北海道、本州(北部)

ウコンウツギは、旭岳ロープウェーの姿見駅近くで見られた。今シーズンは、雪解けが
遅かったため、満開の花に出会えた。2013.7.21

大雪山(姿見の池散策路周辺)
2013.7.21
Nikon COOLPIX P7700 撮影者:ほたる

樽前山七合目ヒュッテ前から風不死岳に到る登山道を15分ほど歩くと、やや暗かった樹林帯から樽前山や
支笏湖を見渡せる礫地に出る。そこから鞍部までは大小の沢が横切っているが、50センチ前後の
ウコンウツギが日差しをたっぷり受け、生き生きしていた。2016.6.5

樽前山ではウコンウツギが満開だった。7合目ヒュッテ周辺では、高さが2メートル近くもあるが
環境が厳しい風不死岳コースでは地を這うように生えていた。2004.6.11

樽前山(7合目ヒュッテ〜風不死岳分岐)
 
樽前山や支笏湖を見渡せる礫地には、大小の沢が横切っている。
50センチ前後のウコンウツギが日差しをたっぷり受け、生き生きしていた。

2016.6.5 Canon PowerShot G3X
 
樽前山七合目ヒュッテ周辺の林縁や風不死岳に到る登山道(樹林帯)沿いでは
1.5メートル前後のウコンウツギが見られる。

2004.6.11 Nikon COOLPIX995

ウコンウツギは、夕張岳で見られた。花冠の内側の斑紋は黄色〜橙色が多いが、紅色も見ら
れた。2009.6.29

ウコンウツギは、7月初旬に夕張岳の石原平〜望岳台で見られた。その時は一人ぽっちの山行
だったが、7月下旬に二人で大雪山の赤岳・小泉岳に挑戦すると、コマクサ平〜第3雪渓で
ウコンウツギの群落が見られた。ほたるにこの花の名前を教えると、歌舞伎俳優の市川右近さん
と結びつけ、「右近だ!右近だ!」と喜んでいた。この花の名前は絶対に忘れないだろう。(笑)
2003.7.23

夕張岳
2009.6.29 夕張岳(石原平〜ガマ岩)
Canon EOS 20D+SIGMA AF50mm F2.8 MACRO
2003.7.3 夕張岳(石原平〜望岳台)
Nikon COOLPIX995