シラタマノキ (白玉木)
Gaultheria miqueliana
ツツジ科 シラタマノキ属

亜高山〜高山帯の岩礫地などに生え、茎の高さが10〜30センチになる常緑の小低木。
地下茎が長く伸び、地上茎は枝分かれし広がる。枝先や葉腋の総状花序に、長さ約6ミリの
白色の花を数個下向きにつける。花冠は壷形で、先が浅く5裂し、裂片の先は外側に反り返る。
果実は刮ハで、直径約1センチの球形。白く熟すが、時に赤味を帯びる。
葉は互生し、楕円形で、厚く、光沢があり、網目模様の葉脈が目立つ。縁には鋸歯がある。

花期:6〜8月  分布:北海道、本州(中部地方以北)

シラタマノキは、樽前山で群生しているのが見られる。7合目ヒュッテ前から風不死岳に到る
登山道に入ると、10分ほどで樽前山の広大な裾野に出る。平坦で見晴らしのよい道は932m
ピーク下まで続き、30分ほどは息を弾ませることもなく高山植物を鑑賞しながらのんびり歩ける。
登山道の右も左もシラタマノキだらけで、写真を撮っていると時間の経つのも忘れる。
つぼみが出てから白い果実ができるまでを追ってみた。2003.7.1〜2003.8.5

樽前山
 
左:つぼみの時は紅紫色で、お猿さんの顔のように見える。
ふくらむにつれ色は薄くなるようである。
2003.7.1
右:花は白色だが、淡紅色の絞りが入っているように見える。
2003.7.7
Nikon COOLPIX995
シラタマノキの果実は
まだ緑白色だ。

2003.7.29 Nikon COOLPIX995
1週間後、白く熟した木が多くなった。

2003.8.5 Nikon COOLPIX995 

シラタマノキは、大雪山(旭岳)直下の姿見の池散策路周辺で見られた。2010.7.17

シラタマノキは、十勝岳望岳台付近で見られた。2007.7.15

大雪山
(姿見の池散策路周辺)
十勝岳望岳台 
2010.7.17
Canon EOS20D
+SIGMA AF50mm F2.8 MACRO
2007.7.15
Canon Power Shot G7