ルイヨウボタン (類葉牡丹)
Caulophyllum robustum
メギ科 ルイヨウボタン属

低地〜山地の林内に生え、茎の高さは40〜70センチ。茎や葉に毛はない。茎頂に、直径8〜10ミリの
黄緑色の花を集散状に10個内外つける。6個の花弁に見えるのは内がく片。内がく片の外側には、小さな
3〜6個の外がく片があるが、花時には落ちる。花弁は小さく、6個の雄しべの根元につき、蜜腺がある。
雌しべは1個。
種子は1つの花から2個ずつでき、球形で直径約8ミリ。黒紫色で、液果状。それぞれに、長さ約5ミリの
肥厚した珠柄があり、並んでつく。
茎葉は2〜3回3出複葉で、側小葉は卵形〜長楕円形で、柄がない。頂小葉は柄があり、浅く2〜3裂
する。
和名は、葉の形がボタンに似ることに由来するという。

花期:5〜7月  分布:北海道、本州、四国、九州


出典
佐竹義輔 大井次三郎 北村四郎 亘理俊次 冨成忠雄 編『日本の野生植物 草本 U 離弁花類』
平凡社 2006年7月25日 新装版第3刷
改訂版監修 門田裕一 『山溪ハンディ図鑑2 増補改訂新版 山に咲く花』 山と溪谷社 2013年3月30日
梅沢俊 『新北海道の花』 北海道大学出版会 2007年3月25日
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

ルイヨウボタンの茎の高さは、大きいもので70センチに達し、葉は茎の上部と下部に2段になってつく。
2010.6.6/2014.5.31

ルイヨウボタンの果実を観察するため、いつものコースを歩いた。果実をつけた株を所々で確認したが、少し
遅かったようだ。ただ、種子は1つの花から2個ずつでき、それぞれに、長さ約5ミリの肥厚した珠柄があり
並んでつくことを確認できたのは収穫だった。2007.8.19

ルイヨウボタンは、野幌森林公園の中央線沿いで見られた。花が落ちるのが早く、つぼみを見つけて
1週間後には花弁に見えるがく片が欠け、子房が露出している花が混ざるようになった。2006.6.4

江別市 野幌森林公園 
茎葉は下と上に2段になってついていた。 茎葉は下と上に2段になってついていた。
下の葉は2〜3回3出複葉だが
上の葉は変異が見られた。
2010.6.6
Canon EOS20D+SIGMA AF50mm F2.8 MACRO
2014.5.31 Canon EOS5DMK2
+Canon EF100mm F2.8L マクロ IS USM
6個の花弁に見えるのは内がく片。内がく片の
外側に小さな3〜6個の外がく片がある。
つぼみを見るとよく分かる。

2014.5.31 Canon EOS5DMK2
+Canon EF100mm F2.8L マクロ IS USM
左の花に外がく片がはっきり見える。
中央に、がく片、花弁が落ちて、子房が露出
している花がある。もう少し経つと、分離して
2つ種子になる。

 2010.6.6 Canon PowerShot G11
 種子は1つの花から2個ずつでき、球形で直径約8ミリ。黒紫色で、液果状。
それぞれに、長さ約5ミリの肥厚した珠柄があり、並んでつく。

2007.8.19 Canon EOS20D+EF100mm F2.8マクロ
がく片が落ちて子房だけになった花が混ざっている。2ケ月もすると
上のようにたくさんの液状果ができる。

2006.6.4 Canon EOS20D+Canon EF100mm F2.8 マクロ

ルイヨウボタンは、ほたるが見つけた。しかし、ほたるが撮影した写真は手ぶれで、ここには載せ
られない。(笑)数日後に再チャレンジに訪れたが、花は終わっていた。数日後、公園の奥に続く
遊歩道を5キロほど歩いてみたが、やはり花は終わっていた。この花は、葉が牡丹に似ているが
花は牡丹よりずぅ〜と地味だ。2003.5.30

札幌市 西岡公園
花弁は雄しべの根元に申し訳ていどについている。
花弁状の裂片は内萼片。内萼片の外側(つぼみの
外側に見える)に外萼片がある。

2003.5.30 Nikon COOLPIX995

最終更新日:2017年4月30日