リンネソウ (リンネ草)
Linnaea borealis
別名:メオトバナ、エゾアリドオシ

スイカズラ科 リンネソウ属

亜高山〜高山帯の林内や林縁などに生え、枝分かれしながら地面をはう常緑の小低木。
花茎は細く、高さは5〜10センチになる。先端で2つに分かれた柄に、淡紅色の花を下向きに
つける。花冠は長さ8〜10ミリの漏斗状で、先が5裂する。裂片の外側は白色。内側は紅色を
帯び、長い毛がある。
葉は対生し、卵形〜倒卵円形で、縁に鋸歯がある。

花期:6〜8月  分布:北海道、本州(北部)

リンネソウは、夕張岳と大雪山で出会ったが、どちらも登山道沿いのハイマツの下で風に揺れていた。
木とは思えないほど小さく、ほお紅のような淡いピンク色の花はとても愛らしい。2003.7.28/2003.7.23

大雪山(銀泉台〜赤岳)
白に近い淡いピンク色と、鮮やかな紅色の2つのタイプが見られた。

2003.7.23 Nikon COOLPIX995
夕張岳(吹き通し〜頂上)
大雪山で見た鮮やかな紅色のタイプに似ていた。

2003.7.28 Nikon COOLPIX995