ネバリノギラン (粘芒蘭)
Aletris foliata
ユリ科 ソクシンラン属

山地〜亜高山帯の湿った草地などに生え、茎の高さは20〜40センチ。茎頂の総状花序に
長さ6〜7ミリの黄褐色の花を多数つける。花序軸、花柄、花被に腺毛があり粘る。花被片は
6個で、下部は合着し筒状になり、上部は半開する。葉は根元にまとまってつき、線状披針形
で、先がとがる。

花期:6〜7月  分布:北海道、本州、四国、九州

出典:
佐竹義輔 大井次三郎 北村四郎 亘理俊次 冨成忠雄 編『日本の野生植物 草本 T 単子葉類』
平凡社 1999年2月22日 新装版第1刷
改訂版監修 門田裕一 『山溪ハンディ図鑑2 増補改訂新版 山に咲く花』 山と溪谷社 2013年3月30日
梅沢俊 『新北海道の花』 北海道大学出版会 2007年3月25日
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

オロフレ峠周辺の礫地や草地でネバリノギランが見られたが、時期が早かった。
花は、総状花序の先の方が少し開いているだけだで、ほとんどが閉じたままだった。2016.7.24

ネバリノギランは、オロフレ峠周辺の礫地や草地で見られた。まだ花期には早かったようで
花序を伸ばし始めたばかりだった。2010.6.26

壮瞥町 オロフレ峠 
花被片は6個で、下部は合着し筒状になり、上部は半開する。

2016.7.24 Nikon COOLPIX P7700
2010.6.26 Canon EOS20D+SIGMA AF50mm F2.8 MACRO