クマヤナギ (熊柳)
Berchemia racemosa
クロウメモドキ科 クマヤナギ属

原野や山地に生えるつる性の落葉低木で、地をはうか他の木に巻きついて伸びる。枝先、あるいは
葉腋から伸びる総状または複総状花序に、直径4ミリほどの緑白色の花を多数密につける。花弁
がく、雄しべは5個。果実は長さ7ミリほどの長楕円形で、色は花後は緑色。翌年の花が咲くときに
赤くなり、後に黒く熟し、食べられる。葉は互生し、卵形〜長楕円形で、全縁。厚く、光沢があり、葉脈
が目立つ。
和名は茎が熊のように強いこと、葉がヤナギの葉に似ることに由来するという。太くて丈夫な茎は
杖やかんじきなどに利用されたという。


花期:8〜9月  分布:北海道(胆振地方以南)、本州、四国、九州

クマヤナギは、白老町のヨコスト湿原で見られた。茎葉は生薬として用いられ、健胃・整腸(胃や腸
の働きを活発にし、調子を整える)などの効能があるという。

2008.9.7 2008.9.21
白老町 ヨコスト湿原
Canon EOS 20D
+EF100mm F2.8マクロ
Canon Power Shot G7
撮影者:ほたる