コヨウラクツツジ (小瓔珞躑躅)
Menziesia pentandra
別名:コヨウラク
ツツジ科 ヨウラクツツジ属

山地〜亜高山帯の林内や林縁などに生え、高さが1〜2.5メートルになる落葉低木。
枝先に直径5ミリほどの黄緑色〜赤紫色の花を数個つける。花冠はゆがんだ壺形で、先は浅く5裂し
そり返る。長い花柄には腺毛がある。
葉は長楕円形で、枝先に輪生状に互生する。先はとがり、全縁。葉の表面と縁に長い毛がある。

花期:5〜6月  分布:北海道、本州(滋賀県以東)

コヨウラクツツジは、オロフレ山登山口(オロフレ峠駐車場)から1000メートルケルンの間の登山道沿いで
見られた。真っ赤なリンゴのような可愛い花を付けていた。しかし、ほたるが撮影した花の色合いは
夕張岳で確認した黄色の下地に紅色が入った個体に似ていた。

オロフレ山(登山口〜1000メートルケルン)
真っ赤なリンゴのような花をつける。
葉の表や縁には、ふさふさしたような長い毛があり、目立つ。


2011.6.18 Canon EOS20D+SIGMA AF50mm F2.8 MACRO
こちらの花は、やや長い鐘形。色は黄色〜淡紅色で、↓の夕張岳の個体に近い。
左下のつぼみは濃い紅色。

2011.6.18 Canon PowerShot G11 撮影者:ほたる

コヨウラクツツジは夕張岳の男岩付近で見られた。図鑑などでは、花はゆがんだ壺型と記載されて
いるものが多い。しかし、筆者が出会った花はスズランのような鐘形。黄色の下地に紅色の
お化粧をしたようなとても可愛らしい花だった。2009.6.29

夕張岳(男岩付近)
長い花柄には腺毛がある。

2009.6.29 Canon EOS20D+SIGMA AF50mm F2.8 MACRO

樽前山七合目ヒュッテから風不死岳に到る登山道を、樽前山や支笏湖を展望できる礫地を目標に
歩いた。カラフトイソツツジの観察が目的だったが、途中の樹林帯でコヨウラクツツジが見られた。
花の盛りは過ぎていたようで、ほとんどは果実化していた。2016.6.5

樽前山
花はゆがんだ壺形。葉は長楕円形で、枝先に輪生状に互生する。
先はとがり、全縁。葉の表面と縁に長い毛がある。長い花柄には腺毛がある。

2016.6.5 Canon PowerShot G3X