キバナシオガマ (黄花塩竈)
Pedicularis oederi var. heteroglossa
ゴマノハグサ科 シオガマギク属

高山帯の砂礫地や草地などに生え、茎の高さは5〜20センチ。茎頂の総状花序に、長さ約2.5
センチの黄色の花を10数個密につける。花冠は上唇と下唇からなる唇形で、上唇はかぶと状で
先は褐色を帯び、くちばし状に曲がる。下唇は3裂する。がくは筒状で、5裂し、先は葉状に広がる。
葉は根際にまとまってつき、羽状に全裂し、裂片はさらに細かく裂ける。

キバナシオガマは、環境省から絶滅危惧種(EN)、北海道から絶滅危急種(Vu)に指定されている。

花期:7月  分布:北海道

キバナシオガマは、大雪山固有種として知られる。今回の花めぐりでは、赤岳山頂付近、赤岳から
小泉岳に至る登山道沿いで見られたが、盛りを過ぎたものが多かった。小泉岳周辺は大雪山でも
花の種類が多いところとして知られるが、花によって咲く時期が異なる。花が一斉に咲き始める
6月下旬から7月中旬は4〜5日置きに通ってもよいぐらいだ。
2003.7.23

大雪山
(銀泉台〜赤岳・小泉岳)
2003.7.23 Nikon COOLPIX995