イワカガミ (岩鏡)
Schizocodon soldanelloides
イワウメ科 イワカガミ属

山地〜亜高山帯の岩場などに生え、茎の高さが10〜20センチになる常緑の多年草。
茎先に、直径1〜1.5センチの淡紅色の花を総状に3〜10個つける。
花冠は先が5裂し、縁はさらに細かく裂ける。萼は5個に裂ける。雄しべと仮雄しべが
5個ずつある。
葉は根元に集まってつき、円形で長い柄があり、縁にややとがった鋸歯がある。
和名の鏡は、葉の表面が鏡のような光沢があるこに由来するという。

花期:5〜6月  分布:北海道、本州、四国、九州

オロフレ山登山口からゆっくり30分ほど歩く。目の前に羅漢岩が現れ、切れ落ちた絶壁と
荒々しい岩肌が見える。絶景ポイントの一つで、全身にひんやりした風が吹き付け、心地よい。
絶壁にはチングルマが群生している。意外な景色に驚かされ、撮影を試みたが、手振れの写真
ばかりだった。イワカガミは、この地点前後の登山道に多くみられた。2016.6.19

イワカガミはオロフレ峠からオロフレ山に至る登山道沿いで見られた。オロフレ峠はシラネアオイの
群生地として知られるが、北海道では主に道南で見られるというイワカガミが咲いていた。
しかし、花の最盛期を逸したようで、花をつけている株は予想していたよりも少なかった。また、花色は
白ぼっいピンクがほとんどだった。2010.6.26

オロフレ峠〜1000メートルケルン
花色は、赤系で、桜の花のような淡紅色が多かったが
ツツジの花のような紫味のある明るい赤色のものも見られた。
葉は円形で、長い柄があり、縁にややとがった鋸歯がある。

2016.6.19 Canon PowerShot G3X
ほたるが撮影した淡紅色の花の内部を拡大したもの。
手前に5個の雄しべと花柱(柱頭)が見える。
その奥には、花柱を囲むように5個の仮雄しべがあり、白毛も見える。


2016.6.19 Nikon COOLPIX P7700 撮影者:ほたる
白花も見られた。花色については、色合い、分布状況などから変異が
大きい印象を持った。

2016.6.19 Nikon COOLPIX P7700 撮影者:ほたる 
2010.6.26
Canon EOS 20D+SIGMA
AF50mm F2.8 MACRO
 2010.6.26
Canon Power Shot G11
撮影者:ほたる