ハリブキ (針蕗)
Oplopanax japonicus
ウコギ科 ハリブキ属

山地〜亜高山帯の林内などに生え、幹の高さが50〜100センチになる落葉低木で、雌雄異株。
幹は分枝せず、針状の刺が密生する。幹頂から伸びる円錐花序に、直径約5ミリの淡緑色の花を
多数つける。果実は直径約6ミリのやや扁平した球形で、赤く熟す。
葉は幹頂に互生し、直径20〜40センチの掌状で、7〜9個に裂ける。裂片の縁に欠刻状の重鋸歯が
あり、先は針状にとがる。葉柄・葉脈に針状の刺がある。
和名は全体に針状の刺があり、葉の形が蕗に似て大きいことに由来するという。

花期:6〜7月  分布:北海道、本州(中部地方以北)、四国

ハリブキはオロフレ峠から1000メートルケルンに至る登山道沿いで見られた。暖冬で降雪が
少なかった影響か、6年前に比べ、開花は10日ほど早かったと思われる。2016.6.19

ハリブキはオロフレ峠から1000メートルケルンに至る登山道沿いで見られた。2010.6.26

オロフレ峠〜1000メートルケルン 
2016.6.19
Canon PowerShot G3X
2016.6.19 Nikon COOLPIX P7700
 
2010.6.26 オロフレ峠
Canon EOS20D+SIGMA AF50mm F2.8 MACRO