エゾヤマオトギリ (蝦夷山弟切)
Hypericum erectum var. parviflorum

オトギリソウ科 オトギリソウ属

佐竹義輔 大井次三郎 北村四郎 亘理俊次 富成忠雄 編『日本の野生植物 草本 U 離弁花類』平凡社 
2006年7月25日 新装版第3刷によれば、大雪山にエゾヤマオトギリがあり、オクヤマオトギリに似るが
花柱は子房より短く、花は小さいという。

オクヤマオトギリ(var. longistylum )の特徴
本州中北部の山地に分布し、多形
茎は幾本もそう生し、高さは15〜40センチ
葉はやや狭い長楕円形
がく片は小型で、長さ3〜4ミリ。先はややとがり、縁の黒点はあってもわずか
花弁は大きく、ゆがんだ形の倒卵形で、長さ8.5〜9ミリ
花柱は3.4〜5ミリで、子房より長い

また、梅沢俊 『北海道 夏〜秋の花 絵とき検索表V』エコ・ネットワーク 2001年4月20日初版によれば
@花の径は1.5センチ以上で、花弁はほとんど巴形にならない。花は黄色。
A茎に顕著な隆起線がない。
B花柱は子房より短い
という特徴がある種にエゾヤマオトギリがあるという。

夕張岳(憩沢〜前岳湿原)の登山道沿いで、それに似た個体が見られ
@花の径は1.5〜2センチ
A茎に顕著な隆起線がない
B花柱は子房より短い
ことなどから、エゾヤマオトギリと同定した。2003.8.19

エゾヤマオトギリ
夕張岳(憩沢〜前岳湿原)
花柱の長さは子房よりも短い。
花弁の裏に黒線が、がく片にも黒線がある。
苞葉に黒点が散在し、縁には黒点が並ぶ。
葉に黒点が散在し、縁には黒点が並ぶ。

2003.8.19 Nikon COOLPIX995
花柱の長さは子房よりも短い。
花弁に黒点と黒線がある。
がく片に黒点が散在し、縁には黒点が並ぶ。

なお、近似種のオクヤマオトギリは、がく片の縁の黒点はあってもわずかとされる。
しかし、この個体には黒点が並んでいる。変異の一つとして扱ったが、別種かも知れない。


2003.7.28 Nikon COOLPIX995