エゾツツジ (蝦夷躑躅)
Therorhodion camtschaticum
ツツジ科 エゾツツジ属

高山帯の岩礫地や草地などに生え、茎の高さが5〜30センチになる落葉小低木。枝先に、直径3〜4
センチの濃い紅紫色の花を横向きに1〜3個つける。花冠は漏斗形で、5個に深く裂け、上部の裂片に
褐色の斑点がある。花柄とがくには腺毛がある。
葉は倒卵形で、先がまるく、裏面と縁に剛毛、腺毛がある。

花期:6〜8月  分布:北海道、本州(北部)

銀泉台から赤岳を目指した。赤岳に達すると、往復1時間ほどで戻れる小泉岳まで行ってみようと
歩き出した。そこもクリアすると、さらに、白雲岳にと欲を出した。しかし、白雲分岐に到達したところで
白雲までの往復時間と銀泉台まで戻る時間、残された我々の体力、そして装備を勘案すると、無理
だという結論になった。白雲岳を目前にして残念だったが、ここまでとし、引き返した。
エゾツツジは、赤岳・小泉岳周辺で見られたが、時間に余裕がなかったため、花と十分向き合え
なかったのが心残りだった。2003.7.23

エゾツツジは、1986年に秋田駒が岳、翌年に大雪山(黒岳)で出会った。ほたるが体調を崩してからは
山が遠くなり、覚えた高山植物の名前も忘れかけていた。山歩きを中断して6年、嬉しいことに
ほたるの体調も徐々に回復して、今年から山歩きができるようになった。下の写真はほたるが撮影した
ものだが、エゾツツジとは16年ぶりの再会。どんな気持ちでレンズを向けたのだろう。2003.7.8

大雪山(銀泉台〜赤岳・小泉岳) 
葉の裏面と縁には剛毛と腺毛がある。 花柄とがくには腺毛がある。
鮮やかな濃紅紫色の花が印象的。

2003.7.23 Nikon COOLPIX995
大雪山(銀泉台〜第一花園)
同じ花を撮影しているが、色の差はデジカメの性能差である。左の方がより実物に近い。

2003.7.8
Nikon COOLPIX995 CASIO EXILIM EX-Z3 撮影者:ほたる