アオチドリ (青千鳥)
Coeloglossum viride var. bracteatum
別名:ネムロチドリ(根室千鳥)
ラン科 アオチドリ属

低地〜山地のやや湿った林内などに生え、茎の高さは15〜50センチ。茎頂の総状花序に淡緑色
または緑褐色の花を多数つける。苞は葉状で花より長い。
側がく片は平開し、背がく片と側花弁は兜状でずい柱をおおう。唇弁は長さが約1センチで、先が3裂し
中裂片は微小。距は短い。
葉は互生し、長楕円形で、3〜5個あり、先がとがる。ネムロチドリともいう。

花期:5〜7月  分布:北海道、本州(中部地方以北)、四国

野幌森林公園で、緑褐色と淡緑色の2種類の花が見られた。2015.6.5,6.14

アオチドリは、野幌森林公園では比較的ポピュラーな花で遊歩道沿いなどで見られる。ただ、花色は
淡緑色ばかりで、緑褐色の花は確認していない。2006.6.4

野幌森林公園ではこれまで縁がなかったが、やっと出会うことができた。2005.6.12

江別市 野幌森林公園
唇弁は淡緑色を帯びる

2015.6.14
Nikon COOLPIX P7700
唇弁は緑褐色を帯びる
2015.6.5
Canon EOS 5DMK2
+SIGMA AF50mm F2.8 MACRO
2015.6.7
Nikon COOLPIX P7700
2005.6.12 唇弁は3裂、側がく片は
平開、背がく片・側花弁は
兜状でずい柱をおおう。

2006.6.4
Canon EOS20D+EF100mm F2.8マクロ

藻岩山の小林峠コースでは、ごく普通に見られた。2004.5.27

アオチドリは、西岡公園周辺の自然歩道沿いにごく普通に見られた。全体が緑色を帯びている
ため、周りの植物にとけ込み、かなり注意して探さないと見落としてしまう。2003.6.3

2003.6.3
札幌市 西岡公園
2004.5.27 札幌市 藻岩山
Nikon COOLPIX995